レビトラは服用後すぐに作用する即効性に優れたED治療薬です。ここではレビトラの特徴について解説しています。

ED治療薬辞典(バイアグラ・シアリスand more…)

レビトラの特徴

レビトラは、服用してから効果が現れるまでの即効性や、作用時間の長さなど、バイアグラを改善され誕生した薬です。

男性が勃起を起こすためには、最初に説明したとおり、脳、神経、血管、海綿体の4つの機能が大切になります。
外部より刺激を受けたり、女性の裸などを見ると興奮を催したり、刺激が脳で処理されます。
その情報は神経を伝って神経や血管へと伝わっていき、多くの血液が海綿体へと貯蔵され、硬くて元気な勃起ができます。

では、なぜレビトラを服用すると、再び元気な勃起を起こすことが出来るようになるのでしょうか。

レビトラの効果

レビトラに限らず、これまで紹介してきたバイアグラやシアリスにも言えることですが、作用は血管の拡張となります。

EDの男性が服用することによって、血管が拡張されると勃起不全の原因となっている血液の流入不足を改善することができます。

詳しく説明すると、血管の拡張がおこるには「cGMP」という物質が重要になります。
ですが、これを分解する酵素が海綿体の中に潜んでいます。
それが「5型ホスホジエステラーゼ」になります。
この酵素が勃起を邪魔している元凶となります。

レビトラはこの酵素を阻害することで血管を拡張させ、再び元気な勃起を起こせるように補助してくれます。

なのでED治療薬は正式な名称ではなく、正式な名前は5型ホスホジエステラーゼ阻害剤となります。
こういった作用はED治療薬ではすべて同じになり、成分の違いによって、作用時間や効き始めるまでの時間などの特徴が変わってきます。

レビトラは効き初めが早くて最大で10時間の作用となります。

その特徴から、「効き目がスグに欲しい人」「充実した一晩にしたい人」などにオススメの薬になっています。

症状の度合いにもよりますが、70%以上の人に効果を発揮すると言われているので、多くの男性にED改善効果を期待することができるはずです。

レビトラの人気の理由:即効性

レビトラの成分はバルデナフィルとなっています。
この成分の性質として、水などに溶けやすいとなっているので、服用してから体内であっという間に溶け出しが始まります。

人によっては早くて15分から20分ほどで効き目が現れると言われています。

効き始めの早い薬はだれにとっても便利に使うことができ、勃起を助ける薬ともあれば早めに効果を欲しいと考えている人も多いはずです。
急な時でも活用できるので、利便性に優れた特徴を備えています。

レビトラの人気の理由:効果持続時間

SEXはその時によっても回数は変わるはずです。
常に1回のみであればそこまで長い効き目は必要ありません。
ですが、自分の欲求、相手の欲求でも変わります。

男性が効き目を気にしながらSEXしていれば、不安な気持ちも相手に伝わるでしょう。

レビトラは持続性を10時間にまで伸ばすことで、一晩の営みであれば効き目切れを気にせず楽しむことができます。

その結果、男性の不安を取除くことが出来ます。

程良い持続時間であると言えるでしょう。

レビトラの人気の理由:食事制限

バイアグラの場合、効き目が不十分になることが危惧され空腹状態での服用を必要としていました。

しかし、レビトラは約700kcalまでであれば食事をとることが出来ます。

カロリーの制限範囲内であれば効き目が不安定になったり、効果を失うことも無いとされているので、これも男性にとっては大きなポイントとなるはずです。

会ってすぐにHOTELにいく人は珍しいですよね?
一般的には、どこかへ出掛けたり、食事をしたり、女性との時間を楽しむ方が多いと思います。

性行為の前に一緒に食事ができるだけで、男性の行動の幅を広げてくれます。

バイアグラの特徴についてはこちら

シアリスの特徴についてはこちら